不動産投資の基礎知識は、不動産全般の情報サイトです

不況に強い不動産投資

不動産投資というとなかなか素人には手が出しにくいというイメージの強い投資商品であり、手元にある程度余裕のある方が行っているというイメージもまだまだあるのかもしれません。しかし一口に不動産投資といっても、ビルやマンションを丸ごと一棟購入して経営を行うものから、ワンルームの部屋を誰かに賃貸で貸すといった比較的手軽なものまで、内容は実は幅広いのです。

最近では若い人でも将来の年金不安や不況による雇用情勢の悪化によって、金への投資や株式への投資を積極的に勉強して、将来の資金を確保しようと考えている人も多くなってます。しかし金の投資であればローリスクではありますがローリターンでもありますし、株に関してはリスクが高すぎる商品ともいえるでしょう。その点不動産経営であれば不況やインフレに強く、しっかりと勉強を行いポイントを押さえた物件を購入することで、長期的に安心した投資が行える可能性も大きいのです。

サラリーマンでも投資可能

不動産投資のイメージというと、何となく現役引退後の方が行う投資というイメージがありますが、最近では一般的な若いサラリーマンの方でも多く不動産投資の講習会に足を運ぶなど、20代後半から30代の方にも人気の投資方法となっています。手元に資金が少ないということで最初から諦めている方もいるのかもしれませんが、普通のサラリーマンの方が戸建てやマンションを買う時と同じように小さな物件からまずは始めるということも十分に可能なのです。

例えば独身時代にワンルームマンションを購入し、結婚後に手狭になったのでその部屋を誰かに貸すという行為も、ある意味では不動産投資といえます。また不動産投資を始めるのであれば、若いほど良いとされているポイントも幾つかあるため、思い切って30代のうちに始めてみても良いのかもしれません。

不動産投資用の物件とは

もちろん様々な投資商品には必ずデメリットがあるように、不動産投資にもデメリットはあり、その大きな問題としては物件の老朽化やメンテナンスというところにあります。株式や金であれば商品そのものが老朽化することはないのですが、不動産の場合には物としての価値が投資額に反映されるため、できるだけ良い状態で物件を保つ必要があります。

さらにはそれ以上に不動産投資の物件選びには立地が何よりも重要であり、20年後に建物の価値がもし無くなったとしても、土地の価値が生きていれば十分に利益を得られる事ができるのです。そのため不動産投資を行う場合には、まずは建物よりも土地を選ぶことが必須のポイントとなってくるのです。