自動車保険のすべては、自動車保険の情報サイトです

自動車保険のすべて

自動車保険とは

保険といえば、生命保険、健康保険など、いろいろな保険がありますが、いわゆる何かあった時のための備え、です。自動車を運転するうえで、この自動車保険への加入は必須です。当然のことですが、この自動車保険への加入がなければ、運転はできないということではなく、運転するドライバーの、いわばマナーのようなものですね。保険に加入しなかった場合に起こり得る事態は、考えるだけでも恐ろしいもです。このすべての説明を読んだ後、保険の大切さがわかったて頂ければ幸いだと思います。

一般に、自動車保険といえば、自動車損害賠償保険、いわゆる自賠責保険、と任意の自動車保険の二つを意味します。自賠責保険とは、いわゆる加入が必須であり、自動車を運転時、事故などで、第三者を傷つけたりした場合に負担するための保険です。すなわち、対物保障や、運転者自身の保障はありません。しかし、この自賠責保険では、十分な賠償能力がないため、任意の自動車保険への加入が勧められています。

おさめる保険金額は、一律で設定されており、二年毎に更新します。この自賠責保険は、加入が必須なため、車検取得時に必ず加入しなければ、車検を通すことができなくなるようになっています。さらに、この自賠責保険に加入せず、自動車を運転した場合、それ相応の行政処分が下されるのです。

自動車保険は一つだけじゃない

このように、自賠責保険だけでは、十分な補償が得られません。特に、運転者自身、または事故によって物を破損してしまった場合、保険が無ければとんでもないお金を支払わなければならなくなります。想像してみてください。一つの事故でその人の人生がすべて狂うことでしょう。また、自動車を運転する以上、事故を起こさないという保証はありませんし、起こしてしまってからでは後の祭りです。

そのために、任意の保険というシステムがあるのです。その中で、任意保険と言っても、等級や、金額、会社によってもまちまちであり、きちんと知らなければ損をすることにもなります。そもそも、自動車の任意保険というのは、掛け捨て、というものなので、抑えられるmおのなら、抑えたいところですが、お金をケチったがゆえに、結局いざというときに、思った額が入らず、結局、自分で支払うお金が多くなってしまうこともあるでしょう。そのために、いざというときのために、この自動車保険というものをきちんと理解し、学んでおきたいところです。そんな自動車保険のすべてをお教えします。